島田市観光協会公式サイトへようこそ!大井川流域の島田・金谷・川根地区を中心に、SLや茶畑、伝統の祭り等、見所満載の観光情報やイベントをご案内します。
ホーム > イベント情報 > 水辺で乾杯 in 蓬莱橋
1月 January
2月 February
3月 March
4月 April
5月 May
6月 June
7月 July
8月 August
9月 September
10月 October
11月 November
12月 December
〒428-0047 静岡県島田市金谷新町14-2
〒428-0104 島田市川根町家山1173-1
水辺で乾杯 in 蓬莱橋

世界同時に水辺で乾杯! 蓬莱橋に集合!


水辺で乾杯」とは、地域にある水辺を粋に楽しむためのイベントです。

青いものを身につけて(ワンポイントでもOK!)、水辺を感じられる”蓬莱橋”に集合し、午後7時7分に、声高らかに乾杯しましょう!

開催日時 :令和元年7月7日(日)午後7時00分から午後7時30分
         (※「乾杯」の発声は、午後7時7分に行います。)
開催場所 :蓬莱橋番小屋周辺(住所:島田市南2丁目地先)

201977日 77 世界同時に乾杯
2019年は全国214カ所で乾杯されました!

・・・・・開催日についてご注意!!・・・・・

荒天により 令和元年7月7日(日曜日)午後5時30分をめどに決定します。
中止のお知らせは、しまだ観光・スポーツ案内所フェイスブックにてお知らせします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

~何もない水辺を楽しめば、そこから新しい風景が生まれるかも!?水辺で乾杯! は、そんなとっておきな時間を、全国みんなで同時共有するソーシャルプロジェクトです。~

~身近にある水辺を、改めて眺めてみれば、風や水面の流れに身をゆだね、いつもと違う時間あたらしい時間が生まれる。
何気ない水辺の風景、水辺のただよう、まどろむ、ゆだねるを感じ、発見や想像が生まれてくるかもしれません~

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
水辺で乾杯の五箇条
・事前に水辺を感じられるそれっぽい場所を選んでおきましょう。
・青い物を身に着けるなどの粋な趣向がそれなりの一体感を作ります。
・お気に入りの1品を持って水辺に集まる不思議な感じを味わいましょう。
・長居はせず滞在は30分程度として、現状回復し速やかに退去しましょう。
・そのまま帰るのは淋しいので場所を変えて飲むのもいいでしょう。
 
持ち物
・乾杯の飲み物は各自でご用意をお願いします。
(※乾杯の飲み物はお酒である必要はありません。)
・青いもの(ワンポイントでOK)を身に着けてお越しください。

 

 



 

開催日時 令和元年7月7日(日)
午後7時00分から午後7時30分
開催場所 蓬莱橋(番小屋周辺)
住所:島田市南2丁目地先
アクセス 島田駅から徒歩約1.5キロ(徒歩約20分)
駐車場 蓬莱橋駐車場をご利用ください。
お問合わせ 島田市役所 産業観光部観光課
☎ 0547-36-7163
FAX 0547-37-8200
WEBサイト http://
周辺の観光スポット
蓬萊橋 約[車:][歩:]
所在地
島田市南2丁目地先
8/17(土)現在、安全が確認されたため、通行止め解除しました。   台風接近の影響により 蓬莱橋の渡橋通行止めのお知らせ(2019年8月14日更新) 台風接近の影響と、お客様の安全を考慮し、 本日8月14日(水)午後17時より 蓬莱橋の渡橋は通行止めとなります。 何卒、ご理解とご協力のほど、よろしく...
所在地
蓬莱橋番小屋前
五百五十間の 長い木橋が ゆらゆらと揺れる… 石原 純  1881(明治14)〜1847(昭和22) 理学博士、歌人。 大正14年8月、蘭契会主催の島田夏期講座に講師として来訪し、滞在中に会員に誘われて蓬莱橋のほとりで晩涼のひとときを楽しんだ際の即吟である。
ほうらい橋波月句碑  約[車:][歩:]
所在地
大井川河川敷 蓬莱橋北側の橋番小屋から河川敷を降りた広場内
銃を担いてとおったか この橋板のぶ厚さ 田中波月 第二句集「野」に、ほうらい橋四句と小見出しがあり、その最初の作品。 「銃を担いで」と兵士の苦悩を自らの苦悩とした作者の人間主義がある。
島田宿 一里塚 約[車:][歩:]
所在地
江戸から数えて五十番目の一里塚が島田宿七丁目にありました。 元禄三年(1690)に描かれた「東海道分間之図」によれば、宿の東から二丁程入った七丁目通りの両側(北と南)にその位置が示されています。 しかし、百年後の寛政年間に作られた「東海道分間延絵図」には一ヶ所のみが記され、榎が植えられていました...
所在地
島田球場東側広場内(球場のレフト側裏手)
松も麦も雨にぬれけり大井川 吉田紘二郎 1886(明治19)〜1956(昭和31) 旅を好み、自然を愛し、その紀行文は独特の趣きがある 教え子であった酒造業の八木利一氏を訪れた際に読んだ句