島田市観光協会公式サイトへようこそ!大井川流域の島田・金谷・川根地区を中心に、SLや茶畑、伝統の祭り等、見所満載の観光情報やイベントをご案内します。
ホーム > 観光情報 > 天徳寺
天徳寺
所在地 島田市大草911
電話番号 0547ー37ー3724
営業時間
休業日
入場料
駐車場 あり
ジャンル
神社・仏閣
花・木・自然
文化財
施設説明

県指定文化財の山門とサザンカの名所で親しまれる曹洞宗の古刹


富洞山天徳寺(ふとうざんてんとくじ)は曹洞宗の古刹です。

明徳元(1390)年、現在地よりも4キロ程北東に創建されていたと言われており、この当時は天台宗の寺院で智満寺とも深い縁故があったと「大津村誌」に記されています。

慶長年間(1595〜1615)年に島田の代官長谷川藤兵長盛によって現在地へ移転する際に曹洞宗の寺院になったと考えられ、山門もこの移転時に建立されたものと考えられます。

嘉永4(1851)年、天徳寺は火災にあい、山門を除く全ての建物が焼失してしまい、多くの記録が失われたため寺伝の詳細などは明らかではありません。

明治22(1889)年、に住職となった秋野孝道は荒廃した堂宇の再建を計画し、現在の建物を完成させました。

天徳寺には長谷川藤兵歴代代官の墳墓があります。

山門は昭和31年(1956)年5月24日、県指定文化財に指定されています。

山門からのびる70mの参道は、サザンカのトンネルになっています。大正5年檀家の人たちがサザンカを植えたのが始まりで、サザンカの名所となるよう石橋住職が丹念に育てた結果 、高さ4メートルにもなる樹木に育ちました。見頃となる10月下旬には、白や愛らしく艶やかなピンクの花を満開にさかせ、訪れる人々の目を和ませています。


【関連WEBサイト】

■島田市博物館ホームページ内天徳寺山門のページ

画像をクリックすると拡大表示されます
交通案内
公共交通機関 島田駅北バス停2番乗り場 大津線天徳寺方面行き乗車、終点天徳寺バス停下車、徒歩1分
島田駅から18分(5.6km)
周辺の観光スポット
慶寿寺のしだれ桜  [車:][歩:]
所在地
島田市大草767
今川範氏のお手植えと伝えられる しだれ桜、別名「孝養桜」 慶寿寺は1345年、今川範氏が開山したと伝えられている真言宗の名刹です。 昭和31年に県の天然記念物に指定された慶寿寺のしだれ桜は、今川範氏が父範国の遺徳などに感謝して植えた桜で「孝養桜」とも呼ばれています。 初代は350年前に枯れて...
所在地
島田市尾川321
室町時代後期作、60年に1度御開帳の法蔵寺の秘仏 法蔵寺は尾川地区西側山あい麓にある曹洞宗の寺で、慶安元年(1648)の創建と伝えられています。 江戸時代末期の安政5(1858)年、尾川を襲った水害で裏山が崩壊し、法蔵寺は被害を受け、その後再建されることもなく、被災から約60年後の大正7(1918)...
尾川丁仏参道 [車:][歩:]
所在地
千葉山智満寺までの旧参道沿いに約100mごとに33対の石仏が立っています。石仏を眺めながらの道のりは自然を満喫した遊歩道となっております。
長谷川家長屋門  [車:][歩:]
所在地
島田市落合824
島田市内に唯一残る茅葺長屋門 長谷川家は、江戸時代初期に、大水からまちを守るために活躍した島田代官の長谷川藤兵衛長盛の親戚にあたる家系で、代々尾川村名主を務めました。 この長屋門は、元治元(1864)年に建立され、門は茅葺で入母屋造り、間口10m(5間半)奥行き3.6m(2間)、棟札に「維持元...
書家春堰之碑  [車:][歩:]
所在地
島田市落合  (大津落合忠魂社境内)
江戸時代後期に活躍した落合村出身の画家 春堰(しゅんえん)は落合村の出身で、江戸時代後期に活躍した画家です。 生年は不明、没年は天保7(1836)年、本名は十五郎といい、落合の領主 美濃国岩村の藩主 松平能登守の目にとまり絵師として召抱えられました。 特に猿猴図(えんこうず)を得意とし、猿...
キーワード検索
KEYWORD
クリア 検索
エリア選択
AREA

カテゴリ絞込
CATEGORY
〒428-0047 静岡県島田市金谷新町14-2
〒428-0104 静岡県島田市川根町家山359