島田市観光協会公式サイトへようこそ!大井川流域の島田・金谷・川根地区を中心に、SLや茶畑、伝統の祭り等、見所満載の観光情報やイベントをご案内します。
ホーム > 観光情報 > 法林寺と伊佐新次郎
法林寺と伊佐新次郎
所在地 島田市阪本4120
電話番号 0547-38-0147
営業時間
休業日
入場料
駐車場 あり
ジャンル
歴史
神社・仏閣
施設説明

幕末三舟の書の師 伊佐新次郎。伊佐の遺墨、遺品を残す法林寺


■法林寺 

曹洞宗 敬満山 法林寺は「谷口の愛染めさん」で親しまれる、寺院です。

初代駐日米国総領事ハリスに「唐人お吉」を世話した伊佐新次郎の墓と記念碑があり、また、伊佐の遺墨、遺品、幕末三舟といわれた勝海舟、山岡鉄舟、高橋泥舟らとの繋がりを示す手紙等が法林寺に残されています。

本堂前には「唐人お吉像」が建てられています。


■伊佐(新次郎)岑満(いさしんじろうみねまろ)

15歳の時に幕府金同心見習となり、その後、下田奉行、具定奉行、海軍奉行等の幕府の要職を歴任しました。

岑満は、若くして書、仏典、漢籍を修め、短歌や蘭学も習得

しており特に書は小島成斉に師事し、通称は新次郎、如是(にょぜ)と号し、草書を得意としました。

岑満の書の名声は高く、幕末の三舟、勝海舟、山岡鉄舟、高橋泥舟に書を教授、金原明善等の明治の逸材たちも数多く岑満から学んでいます。

岑満は、明治元(1868)年駿府に移り、明治9(1876)年牧之原移り住みます。

牧之原への入植後は、67歳という年齢のため開墾には従事せず、開拓士の子弟に塾を開いて教えるようになり、私塾は明治23(1890)年頃まで続いたと言われています。

岑満は、明治24(1891)年11月82歳で卒去

■如是(にょぜ)の一筆書き

墨をたっぷりとつけ、たたきつけるように、墨が飛び散る勢いそのままに、一気に書き上げる躍動感じあふれる一筆書きです。


【関連WEBサイト】

■島田市ホームページ内 島田市博物館収蔵品のページ

 

画像をクリックすると拡大表示されます
交通案内
公共交通機関 島田駅北口バス停3番乗り場 しずてつジャストライン島田静波線 静波海岸方面行き乗車、谷口辻バス停下車、徒歩約15分(1.1km)
島田駅より9分(4.1km) 島田大橋を渡る。谷口原茶業協同組合前交差点を左折200メートル
周辺の観光スポット
法林寺と伊佐新次郎 [車:][歩:]
所在地
島田市阪本4120
幕末三舟の書の師 伊佐新次郎。伊佐の遺墨、遺品を残す法林寺 ■法林寺  曹洞宗 敬満山 法林寺は「谷口の愛染めさん」で親しまれる、寺院です。 初代駐日米国総領事ハリスに「唐人お吉」を世話した伊佐新次郎の墓と記念碑があり、また、伊佐の遺墨、遺品、幕末三舟といわれた勝海舟、山岡鉄舟、高橋泥舟...
敬満神社 [車:][歩:]
所在地
島田市阪本4054−1
外界の光を遮る木々に囲まれた静かな社 祭神 敬満神 少彦名命 天照皇大神、速須佐之男尊  敬満神社は、遠く垂仁(すいにん)天皇二十六年の創祀と伝えられ(社伝) 文徳の朝、仁寿三年に名神に預る神社に列せられ (文徳実録)清和の朝、貞観二年には「正四位下」を 授けられ(三代実録)醍醐の朝には...
大楠神社  [車:][歩:]
所在地
島田市阪本 4278
大井川に流れ着いた大きな楠で造った舟の舟霊を祀った神社 欽明の御代(535年〜)の創建(社伝)。 905年に国で定めた神社格式で「名神の位」を授かりました。 その昔、大井川に流れ着いた大きな楠で船を造り、その舟霊を祀ったといわれています。 「日本書紀」によると昔大井川の洪水で、楠の大木(太さ...
愛宕塚古墳 [車:][歩:]
所在地
島田市阪本4395
矢口原古墳群の中で最大の前方後円墳 昭和34年に調査されました。 谷口原には20数基の古墳群がありますが、その中で最大の長さ21.5m、 高さ2.75mの前方後円墳です。 典型的な家族墳で、多数の玉類、須恵器、 土師器、銀製品などが出土されています。 【関連WEBサイト】 島田市ホームペー...
伊左新次郎書碑 [車:][歩:]
所在地
島田市阪本
学者である伊左新次郎氏は、中條氏を支えた人物であり、明治10年には久能山東照宮の一角に小庵を建て、私塾を開きました。 下田奉行所組頭として、アメリカの初代領事ハリスに「唐人お吉」を奉公させた人物でもあります。 また伊左氏は、幕末の三舟といわれた高橋泥舟、勝海舟、山岡鉄舟の書の師といわれてい...
キーワード検索
KEYWORD
クリア 検索
エリア選択
AREA

カテゴリ絞込
CATEGORY
〒428-0047 静岡県島田市金谷新町14-2
〒428-0104 島田市川根町家山1173-1