島田市観光協会公式サイトへようこそ!大井川流域の島田・金谷・川根地区を中心に、SLや茶畑、伝統の祭り等、見所満載の観光情報やイベントをご案内します。
ホーム > 観光情報 > 茶祖「栄西禅師」像
茶祖「栄西禅師」像
所在地 島田市金谷富士見町1701-1(牧之原公園)
電話番号 0547-46-2844 (島田市観光協会)
営業時間
休業日
入場料
駐車場 10台
ジャンル
歴史
施設説明

中国から茶種を持ち帰り、喫茶の法を普及させた「茶祖」


わが国の「茶文化の発祥」は、奈良時代の「遣唐使」などによって中国大陸から伝えられたと云われ、平安時代初期ごろまでには、「唐風の喫茶趣味」が、上層貴族階級に広まりました。

嵯峨天皇(809〜)は、畿内を中心に茶樹栽培を奨励しており、天台宗・真言宗を伝えた伝教大師(最澄)弘法大師(空海)も、茶との関係が深い高僧で、茶は当時から僧侶の間では、薬用[修行の際の“睡魔の毒を祓う薬(覚醒剤)として仏教界で認められていました。]として寺院などで栽培、服用されていました。  

遣唐使が廃止(809)される頃から、「唐文化の模倣」から「国風化」の傾向が強まり「唐風の喫茶趣味」も急速に衰えていきます。

 わが国の茶の歴史に新紀元を画すのは、平安時代末期から鎌倉時代にかけて、「宋」より禅宗を学んだ僧侶達によって伝えられた茶文化で、建久3年(1 1 9 1 )、二度目の宋留学を終えた「栄西禅師」は、臨済禅とともに「茶の種」と「喫茶法」を持ち帰ります。

 この「茶の種」による茶栽培は、九州の肥前・筑前に始まり、次第に東進し全国的に展開され、京都では「明恵上人」を経て、宇治の荘園(近衛家)に伝えられ「宇治茶」の起源となりました。

 鎌倉幕府の記録「吾妻鏡」の一節に、三代将軍実朝のひどい二日酔が、栄西の勧めた茶の一服で、たちまち気分爽快となった、と云う記述(建保2年:1 2 1 4)があり、またこの時、栄西か実朝に献上した著書「茶の徳を誉むる所書」は、今日伝存する『喫茶養生記』であると云われ、わが国最初の「茶書」となっています。

この頃から、「喫茶趣味」は武士階級に急速に広まり、「茶道」が開花する室町時代、さらに、安土桃山時代を経て江戸時代に入って一般庶民にも浸透し、現代の“日常茶飯事”となりました。

 ※お茶も、鎌倉時代の「武家社会」を通しで一般大衆化の道を歩みました。

画像をクリックすると拡大表示されます
交通案内
公共交通機関 ・金谷駅から徒歩約20分 ・JR金谷駅より島田市自主運行バス萩間・勝間田線5分、牧之原公園下車、徒歩3分
金谷駅より5分(2.3km)
周辺の観光スポット
茶祖「栄西禅師」像 [車:][歩:]
所在地
島田市金谷富士見町1701-1(牧之原公園)
中国から茶種を持ち帰り、喫茶の法を普及させた「茶祖」 わが国の「茶文化の発祥」は、奈良時代の「遣唐使」などによって中国大陸から伝えられたと云われ、平安時代初期ごろまでには、「唐風の喫茶趣味」が、上層貴族階級に広まりました。 嵯峨天皇(809〜)は、畿内を中心に茶樹栽培を奨励しており、天...
牧之原公園  [車:][歩:]
所在地
島田市金谷富士見町1701-1
日本夜景遺産認定、大パノラマの眺望スポット! ※お知らせ 整備工事のため牧之原公園の利用ができませんでしたが、3月15日(水)より入園が可能となりました。 広大な牧之原大茶園の一角にあるこの公園からの景観はとても美しく、正面には日本最高峰の富士山、右手には日本一深い湾である駿河湾とその...
牧之原大茶園[車:][歩:]
所在地
日本近代茶業の象徴。静岡県を代表する景観 大井川西岸に広がる牧之原台地には、見渡す限り茶園が広がっています。 明治2年からの徳川家臣団や大井川川越人足による茶園開拓で日本一の大茶園となり、日本近代茶業の象徴です。 牧之原台地から仰ぎ見る富士山はとても美しく、静岡県の代表的な景色の一つ...
所在地
島田市金谷新町2253 (長光寺境内)
道のべの 木槿は馬に 喰われけり 門人千里を同伴して「甲子吟行」の旅に出立、大井川を越して途上所見。
金谷宿 一里塚 [車:][歩:]
所在地
金谷新町 延享3年(1746)の「東海道巡覧記」によれば、 「金谷一里塚榎木」、江戸へ53里 嶋田へ1里 日坂へ1里24町 金谷宿とある。 JR金谷駅東60mのガード入口にある。金谷宿の西端に位置する。 一里塚の横には「東海道金谷宿案内絵図」が建てられている。
キーワード検索
KEYWORD
クリア 検索
エリア選択
AREA

カテゴリ絞込
CATEGORY
〒428-0047 静岡県島田市金谷新町14-2
〒428-0104 島田市川根町家山1173-1