島田市観光協会公式サイトへようこそ!大井川流域の島田・金谷・川根地区を中心に、SLや茶畑、伝統の祭り等、見所満載の観光情報やイベントをご案内します。
ホーム > 観光情報 > 巌室神社
巌室神社
所在地 島田市金谷新町1-1
電話番号 巌室神社社務所 0547(45)5422
営業時間
休業日
入場料
駐車場 あり
ジャンル
神社・仏閣
文化財
施設説明

地域の人々に「姫宮さん」と呼ばれ親しまれる神社


社伝によれば、正治2(1200)年頃、当時の住家三戸の氏神として、現在地の巌室を開いて三柱である瓊々杵尊(ににぎのみこと)、木花之開耶姫(このはなのさくやひめ)、金山彦命(かなやまひこのみこと)の神を勧請奉斎し、巌室神社と称すと記しています。町名金谷のこの金山彦の神名から、由来したとの説もあります。

その後、神社名は、「若一王子社」、「姫宮」から「巌室神社」に変更されましたが、氏子たちは今でも「姫宮さん」と親しみをこめて呼んでいます。


「厳室神社鎮火祭」

享保年間から元文年間(1716〜1740にかけて、金谷宿内で大火が相次いだことから、当時の神官が、迦具土神(かぐつちのかみ)の怒りを鎮めようとしたことからはじめられたと伝えられています。

鎮火祭は、氏子が参集するなか、庭場に祭場を設けて五菜(人参、大根、里芋、ゴボウ、果物)の神饌を供し、水神、ひさご、埴山姫(土)、川菜の四種を供えて儀式を執り行います。

この儀式は宮廷祭祀の一つである、「令義解(りょうぎかい)」における火災を防ぐための祭儀に由来するとされており延喜式(えんぎしき)の神祇に則った厳かなものです。

祭事は、神官が太刀をもって予め設けた焚火を切り、ひさごに盛った水をかけ、埴山姫と川菜によって火を鎮めます。この神事で出た鎮火のは炭は、火災除けのお守りとして祭事の参列者に配られます。

厳室神社鎮火祭は、平成2年7月9日指定市指定 無形民俗文化財に指定されています。


巌室神社六月(みなつき)大はらい(神事六月三十日)

古来より、六月(みなつき)はらいとして、カヤで作られた直径2メートル位の【茅(ち)の輪】をくぐり、疫病や今までの知らず知らずのうちに重ねた罪や心身のけがれをはらい、後の半年の無病息災を願う神事として午後七時から式典が行われています。


【関連WEBサイト】

■島田市博物館ホームページ内巖室神社鎮火祭のページ

画像をクリックすると拡大表示されます
交通案内
公共交通機関 金谷駅より徒歩3分(200m)
金谷駅より2分(約200m)
周辺の観光スポット
巌室神社 [車:][歩:]
所在地
島田市金谷新町1-1
地域の人々に「姫宮さん」と呼ばれ親しまれる神社 社伝によれば、正治2(1200)年頃、当時の住家三戸の氏神として、現在地の巌室を開いて三柱である瓊々杵尊(ににぎのみこと)、木花之開耶姫(このはなのさくやひめ)、金山彦命(かなやまひこのみこと)の神を勧請奉斎し、巌室神社と称すと記しています。町名...
JR金谷駅 [車:][歩:]
所在地
島田市金谷新町
JR金谷駅は、隣接する大井川鐵道金谷駅との乗り換えもできる、金谷地域や川根地域、奥大井への玄関口です。 JR金谷駅と大井川鐵道金谷駅の間には観光案内所があります。 また、バスロータリーの壁面には、長さ25m、高さ2.5mの「金谷茶まつり」の陶板彫刻が一面に刻まれています。 ロータリーにあるモ...
金谷宿 一里塚 [車:][歩:]
所在地
金谷新町 延享3年(1746)の「東海道巡覧記」によれば、 「金谷一里塚榎木」、江戸へ53里 嶋田へ1里 日坂へ1里24町 金谷宿とある。 JR金谷駅東60mのガード入口にある。金谷宿の西端に位置する。 一里塚の横には「東海道金谷宿案内絵図」が建てられている。
所在地
島田市金谷新町2253 (長光寺境内)
道のべの 木槿は馬に 喰われけり 門人千里を同伴して「甲子吟行」の旅に出立、大井川を越して途上所見。
所在地
島田市金谷坂町 (金谷坂石畳中腹)
曙も夕暮れも那し鶏頭華 六々庵巴静芭蕉の門弟の一人。 芭風を広めるため諸国を旅している途中、この付近で亡くなり、同僚達が葬り供養した。
キーワード検索
KEYWORD
クリア 検索
エリア選択
AREA

カテゴリ絞込
CATEGORY
〒428-0047 静岡県島田市金谷新町14-2
〒428-0104 島田市川根町家山1173-1