島田市観光協会公式サイトへようこそ!大井川流域の島田・金谷・川根地区を中心に、SLや茶畑、伝統の祭り等、見所満載の観光情報やイベントをご案内します。
ホーム > イベント情報 > 茶の実オイル・あかりアートin菊川の里
1月 January
2月 February
3月 March
4月 April
5月 May
6月 June
7月 July
8月 August
9月 September
10月 October
11月 November
12月 December
〒428-0047 静岡県島田市金谷新町14-2
〒428-0104 島田市川根町家山1173-1
茶の実オイル・あかりアートin菊川の里

今宵 茶の里菊川は 茶の実の灯 ほんのりと


子供も大人も和やかに 茶の実油で 迎え火を

※あかりアートの点灯は18:30頃より
【イベント内容】 ※平成30年度


・あかりアート 旧東海道あかり灯篭

(神谷城保育園園児と地元住民の製作した灯篭を旧東海道沿いに点灯いたします!)

・ブローゴルフ(次世代吹き矢)
・茶の実搾り
・茶の実オイルキャンドル
・出店もいろいろあります!
 (金魚すくい、ヨーヨー、くじ、焼きそば、かき氷、フランクフルト、生ビール 他)


主  催 :菊川の里ごりやくの会
お問合せ :TEL 090-3447-5287(土屋)
後  援 :島田市、島田市観光協会
協  賛 :菊神自治会、合同会社茶蔵


【関連ページ】

 ■菊川の里会館

 

開催日時 平成30年8月12日(日)
15:00~20:00 ※小雨決行
開催場所 菊川の里会館&その周辺
(島田市菊川643−2)
お問合わせ TEL 090-3447-5287(土屋)
周辺の観光スポット
所在地
島田市菊川643-2
金谷宿と日坂宿の間は、1里24町。 比較的短い距離でしたが、この2宿の間には小夜の中山という難所が横たわり急坂が統くため、江戸時代に菊川は「間の宿」となって、旅人の疲れをいやしていました。 菊川という地名は、菊川という川が集落の中を流れていることに由来します。 地元の女性たちの手で運営され...
所在地
島田市菊川643−2 (菊川の里会館前)
中納言宗行卿の「辞世の詩」と日野俊基の哀歌 菊川の里会館の入り口横に中納言宗行卿(むねゆききょう)の辞世の詩と日野俊基の哀歌の石碑が建立されています。 菊川の里は、金谷・日坂が東海道の宿場町として繁栄する数百年前の鎌倉時代の初期には既に名の通った「街道の要所」でした。 菊川を有名にし...
旧東海道菊川坂石畳 約[車:][歩:]
所在地
島田市菊川
150年以上前に敷かれた石畳が残る県指定文化財 菊川坂は平成13年に『石畳菊川坂助郷伝説』と銘打ち、菊川坂に町内外の方々の手によって山石が敷かれ、611メートルの石畳が復元されました。 菊川坂の一部には江戸時代後期の石畳(平成12年に発掘)が残っています。 坂の途中からはその昔「間の宿(あいのし...
諏訪原城跡  約[車:][歩:]
所在地
島田市菊川174
「続 日本100名城に選定!」 武田流築城を駆使した壮大な山城 諏訪原城跡は、戦国時代の東海道における戦略上の要地に位置し、はじめ武田信玄が砦を築き、その後天正元(1573)年、遠江侵攻の拠点・徳川氏に対する備えとして、信玄の子 武田勝頼が家臣 馬場美濃守信房(ばばみののかみのぶふさ)に命じて、牧...
明治天皇御駐輦祉 約[車:][歩:]
所在地
島田市金谷猪土居 (金谷坂石畳下り口付近)
 明治元年(1868)、王政復古で誕生した明治天皇が「遷都東幸」の途中、ここ「牧野原野立所」で休息、“霊峰富士をお望みになられた“時   の記念碑。前の道路は、「行幸道路」と呼ばれその時に造られたもの。明治22年、国鉄が開通する以前の、旧東海道の「御巡幸」は4回で、いずれもここを利用されて...